フェンシングとは?

フェンシングの起源

フェンシングとは、中世ヨーロッパで発祥した剣を用いて突いたり斬ったりする武術です。 元々は戦闘術として発達したものが次第にスポーツ競技化しました。 第一回オリンピックからの正式種目としても知られています。
「フェンシング(FENCING)」という言葉は「FENCE(垣根・防ぐ)」からきていて、自分の身を守る、名誉を守る、ルールを守るという意味を含んでいます。 フェンシングの魅力は、騎士道から来る礼儀正しさ、華麗なプレイ、頭脳的なかけひき、スピーディな試合運び、科学的なテクニックなどにあります。

競技方法

フェンシングにはフルーレ、エペ、サーブルの3種目があります。使用する用具や有効面(得点となるターゲット)が違うなど、各種目で競技規則が異なります。
3種目とも、ピスト上で主審の合図に従って競技を進めていきます。試合の最中に選手がピストの横から両足が出たり、選手同士が交差したり、ぶつかったりした場合には主審が「やめ」の合図をし、その場所から再開します。他にも種目によってさまざまなルールがあります。
種目 フルーレ
Fleuret
エペ
Epee
サーブル
Sabre
ルール  3種目のうち、一番基本となる種目です。有効面は胴体部分で、この部分には金属糸で編まれたメタルジャケットを着ます。
選手が有効面を突くと、突いた選手側の色ランプが点灯します。無効面を突いた場合は同側の白ランプが点灯します。
両側の色ランプが同時に点灯した場合は、試合規則によってどちらの攻撃が有効であるか或いは同時攻撃であるかを主審が判定します。攻撃されたら相手の剣をはらってからでないと攻撃できない等の細かい試合規則があります。
 正式の決闘武術として行われたものが競技化したものです。攻撃方法は突きのみで全身どこを突いても有効です。細かい規則はなく、とにかく先に突いた方の勝ちです。
西洋の決闘は相手に血を流させたら終わりで、相手に血を流させたとしても自分も血を流した場合は相打ちとなります。したがって、エペには相打ちの判定があります。
電気審判器は色ランプのみを用い、突いた選手側のランプが点灯します。両者の突きが1/20〜1/25秒以内の差であった場合、相打ちの判定となります。
 馬上で行う軍刀術がスポーツ化したもので、斬りが主体で突きもできる競技です。有効面は腰骨より上(頭や両腕も含む)で、これは騎兵の馬に対する対策に由来します。
サーブルの面白みは豪快な斬りあいにあり、フルーレと同様、細かい試合規則があります。サーブルは色ランプのみ用い、切った側のランプが点灯します。(無効面を斬った場合は審判器は反応しないので、そのまま試合が続行されます。)
有効面
ピスト 長さ:14m、幅:1.5〜2m
フェンシングの試合はピストと呼ばれるコートの中で行います。 両選手はピスト中央に4mの距離をおいて構え(アンガルド)の姿勢から試合を開始します。 ピストの後ろに両足が出てしまった場合、相手に1点献上することになります。
試合時間 個人戦は、通常実働3分間1セットの5本勝負、決勝トーナメントでは実働3分間3セット(セット間の休憩は1分)の15本勝負で行われます。
団体戦は、3人対3人の総当たり9試合を、各実働3分間で1試合目は5点まで、2試合目は10点までといったように得点をチームで積み上げていき、45本先取した方を勝ちとするイタリアンリレー方式で行います。
規定時間終了時に同点の場合は、アドバンテージを決め、実働1分間1本勝負の延長戦を行い、それでも勝負がつかない場合はアドバンテージをもつ選手(チーム)の勝ちします。